医療現場の複雑な人間模様

医者と看護師の人間関係は?

看護師の向き不向き

どんな人が看護師に向いているか、向いていないか。そんなことは、実際に看護師になってみないと自分ではなかなか分からないものです。

ある看護師の例を取ってみましょう。この人は人間関係が苦手、体力的にも不安がある、血が怖い(苦笑)といった人でしたが、既に現場経験6年をほこるベテラン看護師です。
先に上げたこの人の特性は、看護師に向いているとは決して言えません。しかも、その人は新人時代は同期の中でも一番できが悪かったと言います。
そんなこの人が看護師としてベテランと呼ばれるほどに務め上げ、他の医療スタッフからも一目置かれるようになったのは、彼女自身のある性格が関係していました。
それは、人の話を素直に聞くことです。新人時代に厳しい先輩から指導を受けていたこの人は、先輩の話をちゃんと聞き、必要なレポートは必ずこなし、何を言われても「何くそ!」という気持ちでがんばっていたそうです。

実際の現場でも、そういう人の方が成長が早く、仕事も長く続ける傾向にあります。負けん気が強いというのではなく、人の意見に素直に耳を傾ける人の方が看護師には向いている、逆にやれと言われたことをやらないような人は向いていないということのようです。
他にもいくつか例があります。看護師の仕事は厳しいもので、いついかなる時も気を抜くことはできません。
しっかり気を張って働くことはもちろんですが、それを持続するためには看護師としての自覚と誇りを持っていなければ到底勤まるものではありません。
看護師として勤めていると、いろいろな患者に接します。この人たちは様々な理由で健康に問題をかかえており、気持ちが沈んでしまっています。こうした時に大人としての対応を求められるのはつらいものです。しかし、看護師が患者に情を移してしまっては元も子もありません。患者と同じ目線で接してしまうと、病気の状態から元気な状態へ引っ張っていける人がいなくなります。そして、毎回気持ちが沈んでしまっては自分の身ももちません。これは看護師として絶対にやってはいけないことです。
診療科にもよりますが、医師は一人ではありません。同じような患者さんであっても、医師が違えば治療方針も処置方法も全く違ったものになると言っても過言ではありません。
看護師は、基本的な医療の知識と看護の技術はもちろん、ついた医師の治療方法についても把握しておかなければなりません。
医師が5人いれは5通りの処置方法があるものと思って、それに必要な機材や器具、薬を用意するようにしておかなければならないのです。

Leave a Reply